05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Kazujunk_Blog

  : 

出戻り天体写真オヤジです♪ 天体写真や模型作成記や、日々の雑多な内容をアップしています♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

石垣島撮影遠征 

先日、今の期間だとギリギリ撮れそうな南天のηカリーナと、南十字星をゲットすべく石垣島へ渡りました。

この時期は天候が非常に怪しく、殆ど博打なのですが、このチャンスをなんとか物にしたくて・・・

350mm程度で大きめに撮りたく、持ち込む機材もかなりな量と重量になってしまうため
今回は、国内ということもあり、嵩張る物は全て厚めのダンボール(輸入品などで使ってある)箱に140サイズで詰め込みました。
FC60CB一式、ポタ赤2台、その他細々とした部品関係(イオンバッテリー除く)を満載し、おまけに、ドローンまで入れてしまったので、総重量は20Kgを超えてしまいました。
厳重に梱包し結構な送料をかけて往復便でホテルへ送りました。
出発当日も、その他カメラ、レンズ類、パソコンやスーツケースへの日用品や、その他バッテリー、三脚などで、これまた、預け入れは17Kg 持ち込みは、約10Kg
トータルは去年のオーストラリアより大袈裟になってしまった。

いつも思うけど、こんな趣味をなまじ持っているとお金も当然かかるし、体力的、精神的にもきつくなります。
はぁーーー因果な趣味に落ち込んでしまったもんです・・でも、もう脱け出すことはできません。辞めろと言われれば、それは、死の宣告と同じです。

空港到着後はレンタカーで島内を一人旅です。
もう何度行ったか?慣れました・・・一人旅は結構自分に合ってるように思います。
何しろ、気軽、自分のことだけ考えれば良い、予定は、全く行き当たりばったり・・・出会った人とはかなり気さくに話ができるようになった・・といった感じです。

一番困るのは夜晴れない事
今回はラッキーにも到着した夜はほぼ快晴だったのだけど、肝心の南の低緯度は薄雲が居座って、まともにηカリーナが撮れなった事は痛っかです。
その後滞在中は全てドン曇りで全く星が見えず、逆に昼間でも寒い始末・・・
で、お決まりの、帰る朝はじわじわと晴れて来て、飛行機に搭乗する頃には快晴と・・・とほほですよ
まあ、これも運命、仕方ありません。
めげずに、今年もう一回来れたらと願っています。
多分難しいだろなぁーーー

で、結果を証拠写真程度に貼っておきます。
坊主は、逃れたので、良しとします・・・汗

 th_ηカリーナ
☆ηカリーナが僅かに写っています

 th_南十字文字入
☆南十字も左隅に申し訳程度に写っていますが、一番下のAcruxは薄雲で見えません (:_;)

th_大犬
☆苦し紛れの大犬座です。雲が左を通過しています

 th_Tuttle_Giacobini彗星

☆41P/タットル・ジャコビニ・クレサーク彗星です。
なんと、左に横切ってる黒い線は、電線であります。
撮った場所は暗くてよかったのですが、北側には牧場があり、電線が通っている事を忘れていました。
ほんまに情けない状況ですが、240mmで1枚180秒をガイドしました。


いずれにしても、次回に必ずリベンジすべく頑張ります♩

スポンサーサイト
天体写真  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

木星が撮りやすくなってきました 

木星が、夜半から午前2時ー3時で南中高度に近くなり、条件が良くなってきました。
2017/2/28の遠征時に、ついでに木星を撮影してきました。

シーイングはまあまあだったのですが、急に風が強くなったり止んだりで・・・
いじわるされてされていましたが、5セット撮影中1セットのみまあまあの撮像で撮れました。

edge800HD 3X バローADC ASI224MC
FireCapにて120秒AVIから、60%抽出 AutoStakkert! 2にてコンポジット
Registax6にて Wavelet強調 PSCC2017にて補正

 Jup_031327_cc.jpg
天体写真  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

加茂SP遠征写真 

最近、EM200Temma2Mを入手し、俄然ガイドの精度が上がってきました。
なので、長焦点を数点・・・


 th_M51_define triming

※M51
GS200RC 1600mm Temma2M Astro60D loadestar Autoguideです。

ISO 3200 480sec x 4 +720sec x 5 トリミングしています


th_M81.jpg

※M81
Edge800HD 2000mm Astro60D OAG Loadestar
480sec x 12
ノートリミングです。
RAP2 PSCC2017 Nikcorection Difine
天体写真  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ニワトリ?庭撮ができるじゃない! 

そんな訳で、ちょっと面倒ですが、我が家の猫の額ほどの庭で、北極星が見えてしかも、南を中心に撮影できそうな場所があったではありませんか!
狭いので、赤道儀までは、設置したままにしておきたいのですが、新調したばかりだし、そこまで勇気も出ず、結局今夜の仕事(金星撮影)が終わったら片付けちゃいました。
ただし、三脚の設置場所はちゃんと、マーキングしてるので、後は僅かなやる気さえあれば木星も撮れます。

設置場所横に、収納できる納屋でも欲しいところですが、あまりワガママも言えません。

 th_File_000.jpg


 Ven_185605.jpg

◎金星も大分細くなりましt・・・
Edge800HD 3Xバロー ADC+ASI240MC
90sec Stack(40%) AS2! Registax6 SI8にて修正

天体写真  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

新年遠征ぶん  

新年もなんとか2日間晴れとなり、例年よりあったかい深夜でした。

今回は、直焦点(Deep)を中心に撮っています。
撮影条件はほぼ同一です。
いつもの赤道儀EQ6proの調子も上々で(ちょっと、ギヤーの噛み合わせを調整してみました)

5分露出で、20枚以上撮影をしています。

使用機材:
EQ6pro GSO200RC Astro60D(冷却改造HHEUIB-II Filter)
DELAX OAG (ORION) Loadestar PHD2

画像処理:RAP2+CC2017 の使用が多いです。この組み合わせだと、星の色味が綺麗に出ます。
CC2017でコンポジットまで行っています。
しかし、対象によってはコンポジットが失敗するケースも有り、時々DSSを使っています。
基本、手作業でCC側で一枚一枚アライメントすることも有り、結構肩が凝りますね 汗

思ったほど、低緯度の銀河団などは、空の状況が良くなく、ノイジーな感じが否めなく、画像処理でごまかしています。
なかなかこの時期、空の透明度が良くても、大陸からPMが飛んで来て霞んでたり、気温の上昇で霧が薄っすらかかっていたりで天頂付近に比べると非常にコントラスト悪い状況が続く場合があります。
もっと近くて良い観測ポイントがないですかねぇ〜



 th_M81_82.jpg

★M81,82銀河です。
 th_Xmas.jpg

★クリスマスツリー星雲です。
これだけアップすると迫力がありますね


 th_マルカリアン乙女座銀河団

★おとめ座銀河団の、マルカリアンチェーンの西側になります。

 th_トリオ銀河

★しし座のトリオ銀河です。

なかなか面白い配列ですね



天体写真  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

年末年始の遠征に関して 

新年あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

すみません、バタバタしていてこのサイトでご挨拶をしていませんでした!!

 th_年賀


年末年始は、割と暖かく、出動回数が増えました。

以下、撮りためた物をUPしていきます。

先ずは、2016大晦日であります・・・汗 こんな時に・・でも、良く考えると昨年も出動したような??

 th_P45.jpg

☆本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星 (45P/Honda-Mrkos-Pajdušáková)

日没後慌てて撮りましたが、雲やら、霞などで、極軸を合わせる暇がなく、残念な状況でした。
撮った筒は、GSO200RCです
僅かに認められる状況です。証拠写真です。

 th_シーガル

☆シーガルですね・・・ポラリエにFS-60CBを無理無理乗っけて撮りました


 th_M1trim.jpg

☆冬はカニ!です
思ったより良く写りました
筒はやはりRC鏡筒です。ガイドも落ち着いていました。


 th_NGC2359トールsi7

☆トールズヘルメットですね
これも、自分的には良く写ったほうだと思います。
最近、露出時間競争?みたくなっていて、平均1時間半 目標3時間ですが、なかなか
時間を掛けると処理が簡単になってきますが、ガイドの精度も有り、歩留まりがあまりよくありません。
今年はその辺のさじ加減を考えつつ撮影していきたいと思っています。
また、赤道儀の更新も検討していますが、還暦越え、何かと将来が不安な為、あまり無駄使いも控えなきゃ!
困ったもんです。
EM200が欲しい・・・・・・!!

天体写真  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

天文ツール 

ポータブル赤道儀の運用の為、Higlasi2CEへポケットPC(DosPara DG-STK4S)を導入しました。

従前、Higlasi君には過酷な重量オーバーな鏡筒その他を搭載し、極軸合わせが視野を変えるたびに大きくずれてしまっていたのは否めない事実なので、この際、三脚も強化タイプに変更しました。

ビクセンさんのAPP-TL130三脚 これ、搭載用のアダプターを入れて、約3.5Kg 従来使っていた、スリックの大型三脚が3Kgなので、ほぼ同じ重量ながら、非常に頑丈にできています。
おまけに、消費税入れても2諭吉と少々・・かなりお買い得だと思います。
これだったら、少し無理すれば海外遠征にも持参できます。

で、これに対して、Higlasiへ赤緯体を追加し、バランス取りに2kgのウエイトをつけています。

 th_higlasi2ce.jpg

作者のAさんがご覧なったら卒倒されるかも?(冗談)


更に、極軸合わせに関しては、標準のDPPAも便利なんですが、ここは、ポーラーマスターで電子的にということで、ついでにポケットPCで、一軸ガイドもしてやろうと、機材を揃えてしまいました。
当初電源容量の件で悩みましたが、いつもお世話なっているI上さんのFBを参考にさせて頂き。ようやく構築が完了しました。
先日の遠征で少しだけ、ガイドも行いましたが、ばっちりでした。これで露出時間も3分から5分に伸ばせれば最高なんですが、またテストしてレポートします。

現状合計焦点:400mmは普通にOKです♩(APS-C カメラ FS60CB RD(255mm))

 th_PocketPC test

現在、自宅で電源の持ち時間を測定中です。
8時間程度は持つはずですが・・・
ポケットPCのバスパワーでUSBハブを動作させるには電流値が厳しいので、セルフパワータイプの薄型4連HUBを別のバッテリーでドライブしています。
ANKERのHUB(4-port Ultra Slim USB3.0 Hub with USB charger)は、セルフもバスパワーも両方使用可能です。

リモートデスクトップのアプリは、TeamViewer12を使用しています。
また、ポケットPC自体でWi-FiのAP化を行うべく色々設定してみましたが、SoftAPが使用できなく、とりあえず、ポケットWiFiの導入をしています。
小さいとは言え、ガジェット1個増え、電源も多少ですが食うので勿体ないのですが現状、TeamViewerを使いたいので仕方ありません。時期に対応されれば、これは削除したいですね。

そんな訳で、色々やっています。

天体写真  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

たまには、天文ネタ・・・ 

10月のチラゴー前後で少し写真を撮っていたので、UPします。

 ⑤M42_Nik ColectionHDR
※最近始めたphotoshopに使える、NikCollectionと言うフィルターを使って、今回は、HDRを使った表現です。
結構やりすぎると癖になり、本当の撮像が判らなくなりますので、「健康の為、使いすぎには注意しましょう」的な
フィルターです

撮影データ:GSO200RC RD0.67 fl 1070mm astro60D(IR改) Loadestar PHD2 
      ISO3200 300sec x 15 Rap2 Photoshop

 th_ばらall
※バラ星雲(一角獣座) R200SS EOS6D(SEO-SP4)

 th_M31 trim
※M31  R200SS EOS6D(SEO-SP4)

 th_モザイク月齢6
※Kasai Capri102ED ASI240 動画コンポジット 4モザイク Ice合成
久々に、Kasaiの屈折を出しました。月の全景ですが、モザイクで根気よく撮れば結構精細な画像になります。
天体写真  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

石垣島旅行記 その2 星撮り 

※その2ですが、

その3でまだまだ絶景があるので、UPしますが、そろそろ、第一の目的の星撮りです。
4日間、途中雲が通過するも、ほぼほぼ快晴に恵まれ、これで、「ハリケーン親父」の雨オヤジは返上と、言ったところでしょうか 笑

で、空は・・・やはる凄くクリアーです。
広島の空とは比べ物にならないほど透明度は良いです。一番良かったのは初日だったような・・・
しかし、これだけ安定して星空が見れるのは流石です。緯度も低く、さそりの尻尾が良く見えます。
もう、夜半過ぎると、秋の星座たちで賑わうも、やはりそこは、夏の銀河が名残惜しく同じような場所を執拗に撮ってた感じです。
ただし、長焦点(いや、レンズに比べるとですが・・350mm)までは撮れるように準備した筈だったのですが、物を忘れた以上仕方ありません・・・
ナノトラッカーで標準レンズまでで我慢です。

しかし、長期間滞在されている、SさんとFBで知り合いになっており、まさかの同じ宿泊施設だったので、場所なども同行までして頂き、また、ナノより精度の高いポラリエまで貸して頂き、150mmの中望遠での撮像も出来てしまいました。
感謝感謝です。

☆ほぼほぼ、広角写真ですが・・・石垣の夜空です
ちょい、被っていたり、周辺減光で少々残念ではありますが・・・一応・・・

  ・これは、いて座方向の銀河ですが、広角で2分露出 ISO3200 10枚撮ってコンポジットしています。
  EOS6D SEO-SP2(天文改造カメラ)
 24mmsuperpix SI 4flam


 15mmnilkyway.jpg


 softo sasori


 trim.jpg


 夏の大三角ソフトン


 大三角

  ・150㎜ f2.8+ポラリエにて自動ガイドです。Sさんにお借りしました♪
   ISO3200 2min x 15枚 
☆バンビ周辺です。
 banvi.jpg


 撮影風景


天体写真  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

2016/07/31 明け方の月面4題と直焦点 

2016/07/31 明け方の月面4題と直焦点を撮りました。
昨夜も晴れたり曇ったりで、遠征をだいぶ考えましたが、結局寝てしまいました。
ふと、明け方目が覚めると晴れていたので、速攻で用意!
このころの月齢が好きです。
シーイングは鏡筒の温度順応もしていなく、また高度が低かったので、悪いのは当たり前ですが、基本本来のシーイングは良かったのでしょうね・・それなりに撮ることが出来ました。

☆Edge800HD ASI ASI240MC にて、撮像

 moon2.jpg


 moon1_201607300908068fe.jpg


 moon3.jpg


 moon4.jpg

 20160730 moon E1




天体写真  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。