01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

Kazujunk_Blog

  : 

出戻り天体写真オヤジです♪ 天体写真や模型作成記や、日々の雑多な内容をアップしています♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

Iphone4Sのケース 

DSCN0866rsize.jpg DSCN0865rsize.jpg
久しぶりに、iphone4sのケースを新調した♪
クリアープラスティックで、本体を上下からサンドイッチするタイプ
おまけで、ストラップがついていて、少々邪魔かもしれないけれど、時々地面へ落下させそうになる場面が増え、これは保険でつけておこう♪

変えた理由は、ジャックの部分が今までカバーしてあり、コネクターの横幅の問題でApple純正以外のコネクターが刺さらなく困っていた!
これで、車の中での充電やその他諸々社外品の充電器などがケースを外さなくても接続できるので便利です。
クリアーなので、本体の綺麗なAPPLEマークが見えるので・・嬉!!
スポンサーサイト
コンピュータ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

親亀法(^.^) 

DSCN0867rsize.jpg 今まで、ガイド鏡とR200SSをプレートで平行搭載していたが、バランスが悪いので、親亀搭載方式に切り替えた!

バランス的にはまあまあである。
ガイド鏡は微動架台に載っけているので、ガイド星に困ることはないのだけれど、ガイド精度がオフアキに比べると落ちてしまう可能性が・・実際に先日のガイドではバランスが崩れた際に、ガイド鏡はオートガイド出来ていたが、
R200SSの画像が多少流れてしまう現象が・・

この短焦点のオフアキは筒外焦点が短い為、今までのようなORIONのオフアキが使えない・・
今後の課題です。

DSCN0862rsize.jpgまた、R200SSの鏡筒には、カブリトとコントラストアップ及び、結露防止にフードを付けた!
このフード元々はビクセン純正品・・・
フードはマジックテープで丸く鏡筒先端に固定する方法。
しかし、内側には植毛紙等で加工されていないため、別途入手し、貼り付けた。
おまけに、100均で入手したアルミシートで周囲を保護し、結露から少しは逃げることが可能かどうか?
テストは次回・・・それにしても相変わらず天気が悪いっす(爆)



天体写真  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。